ビフィズス菌の効能とは?

ビフィズス菌は腸内環境を整えて健康を維持するために働きかける善玉菌です。
その効能は、体内に吸収されると病気のもとになる有害物質を作りだす悪玉菌が増えるのを抑えます。
また、肝臓を助けて免疫力をアップさせる働きも期待されています。
肝臓は、腸内で吸収された有害物質を解毒します。
ビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸が、腸内を酸性化することで、食べ物が腐敗しにくくなり、大腸菌など有害物質の発生が減少します。
すると、肝臓への負担が軽くなり免疫力がアップして病気にかかりにくくなるということです。
その他、アレルギーや花粉症を鎮める効能も期待出来ます。
毒性のある物質が減少することで、アレルギー症状のもとになる有害物質が引き起こす腸壁への刺激が抑えられ、アレルギー反応や、花粉症の原因となる細胞の活性化を鎮めます。
ビフィズス菌の働きにより腸内環境が整えられ元気になった腸は、運動が活発になりお通じが良くなり、便の腐敗臭も減少されます。
ビフィズス菌は腸内で健康に欠かせないビタミン、ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシンを生成しています。
皮膚の健康に欠かせないビタミンB2は、脂肪や炭水化物の代謝を助け、頭髪や肌の若さを保ち維持してくれます。
このようにビフィズス菌は、様々な健康と美容の効能があります。

img1

ビフィズス菌は免疫力をアップさせるの?

ビフィズス菌は健康のために良い働きをする善玉菌の一種なので、免疫力を強化する効果が期待されます。
人間の腸内には何億個もの腸内細菌が生息していて、体の機能を正常に保ったり、健康な体質になるために有効なのが善玉菌です。
その中でも一番よく知られているのは乳酸菌で、ビフィズス菌はヨーグルトに多く含まれている乳酸菌として知名度があります。
人間の体に馴染みやすい細菌で、腸内環境をしっかり整えてくれるます。
すると、便秘が改善され、老廃物や毒素を排出して免疫力を高め、細胞を活性化されることに繋がります。
腸内環境がよくなると基礎体力もアップして風邪をひきにくくなったり、アレルギー体質が改善される効果も期待できます。
普段から体が弱くて疲れやすかったり、すぐに体調を崩してしまう人は、ビフィズス菌がたくさん入っているヨーグルト製品を積極的に食べることで免疫力をアップさせて丈夫な体を作ったり、健康的な食生活が送れるようになります。
特に生きたままで腸に届くタイプの乳酸菌が入ったものや、手軽に摂取できるサプリを利用することで、高い効果が期待出来ます。
ビフィズス菌の力で免疫力を強化しましょう。

img2

ビフィズス菌を増やす方法はある?

ビフィズス菌を増やす効率的な方法はビフィズス菌を摂取するしかありません。
ビフィズス菌は人間の腸内に生息する細菌で、悪玉菌の増加を防ぎ、腸内環境を整えてくれます。
しかし、体内で生成することはできず、自然食品にも含まれていないので、ヨーグルトやビフィズス菌が含まれている乳酸菌製品またはサプリメントなどで摂取しなければなりません。
性質としては酸に弱く、胃酸で死滅することがあります。
また、腸内に生息しても、時間とともに減少していきます。
オリゴ糖はエサになるため、働きを良くする効果があります。
効率的に増やす方法としては胃酸の薄まる食後にオリゴ糖が豊富なバナナと一緒にヨーグルトなどを食べることです。
時間とともに減少するため、できれば毎日、摂取するようにした方が良いでしょう。
また、最近では生きたまま腸に届くと記載された特定保健用食品もあり、胃酸を気にせずに摂取できるので、効率よく増やすことができます。
タマネギ、大豆、ゴボウ、アスパラガスなどにオリゴ糖が含まれているので、普段の食事で摂取すれば、腸内に生息するビフィズス菌の活性化につながり、減少のスピードを緩やかにする効果が期待できるので、より良い方法といえます。

img3

飲み物から摂取するメリットは?

ビフィズス菌の入った飲み物で一番有名なのは飲むヨーグルトです。
ヨーグルトをそのまま食べるのは時間がかかったり面倒という人でも、ドリンクタイプなら朝の忙しい時間帯や出かける前などに手軽に飲むことができるので毎日簡単に使えます。
ビフィズス菌は善玉菌の一種で、人間の腸内に最も多く生息しているタイプの腸内細菌です。
数を増やせば腸内環境を整えてくれて、便秘を防いでお通じをよくしたり、アレルギーの症状を改善したり免疫力をアップさせるなど様々な効能があります。
飲むヨーグルトなど飲み物から摂取すれば手っ取り早く毎日ビフィズス菌を補うことができて、朝食時やおやつ代わり、夜のデザートやお風呂上がりなどいろいろな場面で活躍してくれます。
プレーン味だけではなくストロベリーやバナナ、フルーツミックス、アロエなどたくさんのバリエーションがあり、生きたままで腸まで届く特殊なタイプの乳酸菌や特に優れた効能を持っている善玉菌が配合されたドリンクもあるので改善したい症状に合わせて選びましょう。
市販のヨーグルトにフレッシュな果物やオリゴ糖、ハチミツなどを混ぜてミキサーにかければ自分でオリジナルの飲み物を作ることも可能です。

img4

参考サイトを1つ紹介

ビフィズス菌を摂取するということのメリットなどはすでにこの上で紹介しました。
ですが、実際にビフィズス菌を摂取するのが難しくて、なかなか生活の中に導入していくことができない場合があるかもしれません。
特に便秘対策としてビフィズス菌を求めていたのに、摂取できなかったら残念です。
もしあなたが便秘に困っているなら、こちらの便秘のお茶サイトも見てみてください。